いざと言う時のために備蓄をしておきましょう。
ドリンクバーゲン会場はこちら

2007年08月29日

地震経験から

さて、もうすぐ防災の日ですが、みなさんはどんな備えをしていますか?

いざと言うときのために、あると便利なのが、携帯用のスリッパ。

これは、地震が起きたときに家の中がめちゃくちゃになって、蛍光灯やガラスなどで怪我をしないため見つけやすいところにあると良いです。
(コレがあれば怪我をせずにすんだのですけど)

大地震などでは、ドアがゆがんで開かないことがあるので、ガラス窓などを壊して脱出しやすいように、斧やハンマーなどの破壊道具を用意しておくのも良いかも。(外国映画などでエレベーターに備わっていたりしますよね)

斧は、近所の救出にも役立ちます。

食品系は缶詰などの壊れないものが良いです。
家が倒壊しても、あとから掘り出して使えるので。

倒壊したあと、掘り出して使えるように、丈夫なケースなどに持ち出し袋などを入れておくのも良いと思います。

いざとなったら、持ち出し袋などを持ち出す余裕などないのが現実ですから。

そして以外と重宝するのがラップです。
怪我をしたときの、止血帯や包帯代わりに利用したり、食事の時の携帯食器の上にかぶせて利用すれば、水がないので食器を洗わずに何度でも利用できます。

それに、いざと言うときのための、シュミレーションをしておくのも大事かもしれません。

例えば、マンションなどで水が止まれば、階段で水運びをしないといけませんし、配給物資も貰いに行かないといけないので、1日何往復もする体力も鍛えておく必要があります。

それに、建物が崩壊などして風景が変わるので、帰宅経路をしっかり身に付けておくのも良いかもしれません。

大地震を経験して、利用した数々の一部ですが、利用しないのに越したことはないですけど。

心構えだけでも持っていると、違うと思います。

なかなか難しいですけどね。


posted by コアラ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53194625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。